京都大学医学部附属病院 iPS細胞臨床開発部 Division for iPS Cell Application Development

ご挨拶

iPS細胞臨床開発部長 平家 俊男 Toshio Heike 京都大学大学院 医学研究科 発達小児科学 教授

2007年、京都大学山中伸弥教授らの研究により、ヒ卜の皮膚細胞から神経や心臓などさまざまな細胞を作り出すことができる新しい幹細胞、人工多能性幹 (iPS)細胞の樹立に成功したことが発表されました。この iPS細胞は、我が国が生み出した画期的な新技術であり、その iPS細胞技術の応用により、病気の原因が解明され、有効で安全な薬の開発が行われることとともに、再生医療への応用へ、世界中の期待が寄せられています。

iPS細胞は、胚性幹(ES)細胞と同様に、人間のあらゆる組織や細胞を作り出すことができる「万能細胞」と呼ばれます。ES細胞については、不妊治療の余剰胚を用いて作成するため、患者さんに由来するES細胞を作成することは技術的に困難であり、あらたな多能性幹細胞の作成方法が世界中で研究されていました。山中教授らのグループは、 2006年にマウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することでiPS細胞の作成成功を世界で初めて報告し、翌年にはヒトiPS細胞樹立成功を発表しました。

この新しい幹細胞の登場は、難治性疾患や重篤な外傷を治療する薬剤や治療法の開発に新たな道を切り開いています。患者さんの体細胞からiPS細胞を作り、それを神経、心筋、肝臓、膵臓などの患部の細胞に分化させます。その分化した細胞を研究することにより、病気の原因の解明、新しい薬や治療法の開発に役立てることができます。また、 iPS細胞由来の組織を使った細胞移植治療などの再生医療にも活用できると考えられ、世界中で研究が進展しています。

京都大学医学部附属病院は、iPS細胞研究所 (CiRA)と協力し、これまでにも多種多様な疾患の患者さんから体細胞をご提供いただき、さまざまな疾患のiPS細胞を樹立し、薬剤や治療法の開発を目指した研究を実施しています。

このたび設置されました京都大学医学部附属病院iPS細胞臨床開発部は、この疾患特異的 iPS細胞研究に対してより広く患者さんにご理解いただき、研究をより効率的に推進することを目的の一つとしています。将来的には、再生医療に活用するために健常な方々の体細胞からiPS細胞を作成し、iPS細胞バンク創設にも貢献する予定です。

さらに、最近では、iPS細胞という多能性幹細胞を経由せずに、線維芽細胞などから直接人間の組織や細胞を作る技術も開発されつつあります。iPS細胞臨床開発部においては、これらの新しい技術も活用しながら、患者さん、社会に還元できる再生医学、再生医療の実現に向けての基盤整備を行っていきます。

今後とも、みなさまのご理解、ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

page top

京都大学医学部附属病院 iPS細胞臨床開発部

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54