京都大学医学部附属病院 iPS細胞臨床開発部 Division for iPS Cell Application Development

医療関係者向け

一般向けサイト

はじめにお読みください

確認事項① iPS細胞を作成する前

  • 疾患特異的iPS細胞作成を行う医師は、R0091番(旧824番)、G259番の医の倫理申請書に分担研究者として承認されていることが必要です。
  • 感染症検査にて、HBs抗原陰性、HCV抗体陰性、HIV抗体陰性を検体採取の前にご確認下さい。

確認事項② ドナーの受診に必要な手続き

手続き01 外来の予約

  • 「受診をご希望の場合は、患者さんと日程調整し、予約をお取りください。なお、同日に他の科も受診される場合は、混合診療とみなされるため、あらかじめご留意ください。」

手続き02 匿名化番号の発行依頼

  • 匿名化ID取得のために管理部(個人情報管理者)に連絡する場合は、匿名化ID申込書を使用して下さい。
  • ドナーへの研究説明日と、同意取得日・試料採取日が同日になる可能性がある場合は、前もって仮匿名化IDを発行することができます。仮匿名化IDの発行をご希望の場合は、 管理部(個人情報管理者、八角:yasumi*kuhp.kyoto-u.ac.jp /
    平松:hiramatsu*kuhp.kyoto-u.ac.jp)までメールにてご連絡ください。
    ※メールをいただく場合は「*」を「@」に変えてお送りください。
  • 匿名化ID申込書は、必要書類の整理(必要書類)にあります。

手続き03 同意書及びiPS細胞作成記録書の提出

  • 同意書とともに、あらたにiPS細胞作成記録書を管理部(小児科秘書室)へ提出して下さい。
  • iPS細胞作成記録書は、従来の手順による各診療科主体のiPS細胞外来を経ないiPS細胞作成においても、必ず提出願います。
  • 提出に際し、同意書、作成記録書の送付であることがわかる様に、封筒表に「iPS細胞」と記載して下さい。
  • iPS細胞作成記録書は、必要書類の整理(必要書類)にあります。

手続き04 ドナー受診時の治療費負担

  • iPS細胞作成に付随する診療は自由診療です。診療費は研究費でお支払いします。患者さんの受診日以前に「資料5 本院での診療費支払免除申請書」を医務課へ提出して下さい。iPS細胞外来を経ない各診療科主体のiPS細胞作成時にも同様に提出して下さい。
  • 「資料5 本院での診療費支払免除申請書」は、必要書類の整理(必要書類)にあります。

確認事項③ iPS細胞を作成した後

  • 疾患特異的iPS細胞/分化細胞の寄託、論文発表、外部機関への提供を行う際は、再度の匿名化(再符号化)が必要です。
    疾患特異的iPS細胞の作成者本人または作成依頼者は、再符号化依頼表に記入の上、iPS細胞研究所医療応用推進室 (契約G:cira-keiyaku*cira.kyoto-u.ac.jp)までメールにて連絡して下さい。
    ※メールをいただく場合は「*」を「@」に変えてお送りください。
  • 再符号化依頼表は、必要書類の整理(必要書類)にあります。
PAGE TOP

京都大学医学部附属病院 iPS細胞臨床開発部 住所:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54